FX口座を選ぶときには、取引手数料やスプレッドなどに注目するといいなどの紹介文などを見かけることがあります。しかし、現在は1つのFX口座をじっくり選ぶというのは、なかなか少なくなっているそうです。今増えているのは、口座の複数管理と言われます。この理由を探ってみましょう。


○FX口座が複数あることで、メリットだけを使える

FX口座を複数というのは、全部の口座でトレードをするという意味ではなく、各講座の持つ強みを最大限に活かしてトレードをする、ということです。FXではレバレッジ規制後、レバレッジでの口座対抗がなくなったことから、サポート体制やセミナー開催など、会社が独自に行うサービスで、他社との差別化をはかるようになったそうです。


○情報だけを使う、トレードだけを使う

情報などが早い口座は、いち早く情報を得るために使います。トレードには使わないという前提があるそうです。トレードは余計なお金のかからない口座で、より手早く処理ができる口座で行うだけ、他の口座はセミナー参加用口座、などと、自分の利用する口座の特徴を生かして、複数管理を行う人が非常に多いそうです。また慣れるまでは多少お金がかかっても、サポートの手厚い口座を使うなど、経験値に合わせた口座選びも多いそうですよ。