FXにおけるスプレッドとは、一言でいってしまえば手数料です。
わたしたちがFXを行う際は、取引を代わりに行ってくれる会社を経由して行うことがほとんどです。
「スプレッドが狭い会社を選べ」とよく聞きますが、それはいったいなぜなのでしょうか。


○FXのおけるスプレッドの広さと狭さ

スプレッドは、手数料に直接関わってきます。
なぜなら、広ければ高く、狭ければ低くなるからです。
広い場合、取引が多ければ多いほど手数料を高くとられてしまいます。
逆に狭い場合、取引を頻繁に行っても安心できる程度の手数料しか取られないので、トレーダーには助かります。
そのため、慣れてきて頻繁に取引を行うようになったら、早めにスプレッドの狭いFX会社を利用しましょう。


○スプレッドは固定とは限らない

貸金業者の借入金利と同じように、スプレッドも変動するようになっています。
狭い会社を見つけて喜んだつかの間、取引を始めると広くなっていたなんて話は珍しくありません。
しかし、なかには原則固定というFX会社もあります。
初めてでよくわからないという方は、固定された会社を選ぶのも1つの手段でしょう。
FXで徐々に黒字を出していくためには、これらの要素を考えることも大事になります。